《塾長の応援メッセージ No.676》

《塾長の応援メッセージ No.676》

2021/2/18

『7つの習慣』を学ぶ
◆四つの自叙伝的反応

私たちはえてして、自分の過去の経験、いわば「自叙伝」を相手の話に重ね合わせてしまうため、人の話を聴く際に次の四つの反応をしがちになります。

・評価する・・・同意するか反対する
・探る・・・自分の視点から質問する
・助言する・・・自分の経験から助言する
・解決する・・・自分の動機や行動を基にして相手の動機や行動を説明する

これら四つの反応は、自然と出てくるものです。
こうした反応では相手を理解することなどできないでしょう。

たとえば、相手の話を否定ばかりしていたら、相手は心を開いて本当の気持ちを話さなくなるでしょう。

探るというのは、自分が求めている答えを引き出すまで何度も質問することですが、それで相手は心を開くでしょうか。
多くの親が子どもとの距離を感じ、子どもが考えていることを理解できずにいるのは、、こうして探っていることも大きな原因です。

人と会話するときは、「まず理解に徹し、そして理解される」ことに努めることが大切です。

**********************
久留米市は今冬3回目の積雪でした。
今回は前2回よりも積雪は多かったです。
庭の梅も寒そうでした。

******************************
福岡県久留米市国分町
個別指導 アスカスクール
******************************

お問い合わせ

    お名前(必須)
    電話番号(必須)
    メールアドレス(必須)

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年(必須)
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して「確認画面へ」ボタンを押してください。

    上記の内容を確認して「送信」ボタンを押してください。