《塾長の応援メッセージ No.439》

《塾長の応援メッセージ No.439》

2020/6/26

◆二人の意見がまったく同じなら、一人は不要、、、

お互いのものの見方の違いを尊重しなければ、また、お互いを尊重し合い、どちらの見方も正しいのかもしれないと思わなければ、自分の条件づけの中にずっととどまることになる。

人生は「あれかこれか」の二者択一で決められるわけではない、答えは白か黒のどちらかだけではない、必ず第3の案があるはずだと思えない限り、自分だけの解釈の限界を超えることはできないのである。

*「完訳 7つの習慣」より

コヴィー博士は言っています。
「二人の人間の意見がまったく同じなら、一人は不要である。」
これは、自分と同じ意見の人と話をしても、得るものはまったくないと言うことです。
自分とは違う意見だからこそ、相手と話す価値があるのです。

**********************

******************************
福岡県久留米市国分町
個別指導 アスカスクール
******************************

お問い合わせ

    お名前(必須)
    電話番号(必須)
    メールアドレス(必須)

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年(必須)
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して「確認画面へ」ボタンを押してください。

    上記の内容を確認して「送信」ボタンを押してください。