《塾長の応援メッセージ No.266》

《塾長の応援メッセージ No.266》

2020/1/5

『気配り』

相手が喜ぶように、自分自身ができる最大限のことを惜しみなくすること。
そこには、私心も私欲もない。

*ライフコンパス言霊学より

気配りとは、相手が喜ぶのであれば、自分が損をしてもいいし、不都合があってもいいと考えることです。
そうでなくては気配りではありませんし、本当の気配りとは言えません。

私心や私欲が絡むと、その行動は打算や思惑になって、相手をコントロールしてしまいます。
それは、単に自分の利益、都合のためにしているにすぎません。
気配りとは、相手にとって好都合でなければいけないのです。
自分はこうしてあげたいと思っても、相手がそれを望まなければ、それは気配りとは言いません。

まず相手の話をしっかりと聴いて相手のことを理解してから、相手が喜ぶことを惜しみなくしましょう。

**********************
写真は、栃木県の真岡鉄道を走っているカワイイ車両です。
久下田駅で撮影しました。

******************************
福岡県久留米市国分町
個別指導 アスカスクール
******************************

お問い合わせ
お名前(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)

※確認のためもう一度入力してください

学年(必須)
ご要望(任意)

上記の内容を確認して「確認画面へ」ボタンを押してください。

上記の内容を確認して「送信」ボタンを押してください。